不動産登記

不動産登記は、司法書士の中心業務の一つです。

当事務所でも、毎年非常に多くの登記のお手伝いをさせていただいております。

是非、お気軽にご相談下さい。

住宅ローン等の借入の返済が終了した方

抵当権抹消の登記

住宅ローン等の借入の返済が終了しただけでは、登記上の抵当権等の担保権は消滅しません。担保権の登記を消すためには、抹消登記の申請が必要です。

お引っ越しで住所を変更された方

所有権登記名義人住所変更等の登記

お引っ越し等で住所を変更された方や、結婚等で名字が変更になった方は、登記の名義(住所・氏名)を変更する必要があります。

不動産を購入した方・売却した方

所有権移転登記・所有権保存登記・抵当権設定登記

不動産を購入した方は、所有権移転の登記や所有権保存の登記を申請する必要があります。また、住宅ローンを利用して不動産を購入される場合は、購入物件に融資金融機関の抵当権設定登記を申請する必要があります。

相続が発生した場合

相続登記

相続が発生した場合には、亡くなられた方が不動産をお持ちでしたら、登記が必要になります。詳細については、「相続・遺言」をご覧下さい。

「相続・遺言」はこちらへ

その他の登記

不動産の贈与・財産分与・遺贈等、不動産の権利に関する登記に関しましては、どのようなことでもお気軽にお問い合わせ下さい。

不動産登記Q&A

Q. 権利証・登記識別情報を紛失してしまったのですが、再発行できますか?
A. 再発行はできません。
しかし、権利証(登記済証)・登記識別情報に代わり、
  1. 事前通知制度
  2. 司法書士による本人確認情報の提供
  3. 公証人による本人確認情報の提供
により、登記名義の変更や担保設定等を行うことが可能です。どの手続きを選択すべきかはケースバイケースですので、詳細は当事務所までお問い合わせ下さいませ。
Q. 不動産の所在が遠方の場合に、登記の依頼はできますか?
A. 可能です。

現在は、全国の法務局にオンラインによる登記の申請が可能です。また、郵送でも登記は受け付けられますので、 安心してご依頼ください。